解かれたニギハヤヒの封印 3

神社結界の造り方1 
正三角形による三角陣神社結界

 

結界の仕組み
『オイラーの森』によれば、結界を作るためには、3つのポイントに同じ性質ものを置く必要があると言う。
それが、神社を使った結界であれば、そこに同じ神様を祀るお社を置くという意味になるかと思う。

 

封印の仕組み
また、何者かを封印するためには、3ヶ所の『イヤシロチ』から溢れ出る大地の気を一点に集め、そこにも同じものを置く必要があると言う。
これを、神社に置き換えてみれば、そこにも同じ神様を祀っているという意味になる。

 

正三角形の三角陣結界
一番シンプルで分かりやすいのが正三角形を使った三角陣結界になる。
正三角形の場合、オイラー線は存在せず、外心と垂心は重心に重なる。
つまり、3ヶ所の『イヤシロチ』から溢れ出る大地の気を重心に集める仕掛けとなる。
昔の人は、こうした仕掛けを施して、気の集まる場所に新しい街を作ったと云う。

 

封印の仕掛け
こうした結界は外から邪悪な何者かが結界内に入り込めないようにするための仕掛けであった。
また、重心に3つのポイント同じものを配置することによって、そのポイントに何物かを封じ込める封印の仕掛けとしても三角陣結界は使われていた。

 

神社三角陣封印結界の封印の仕組み
それを神社に置き換えてみれば、3ヶ所の『イヤシロチ』と、その3つのポイントでできる正三角形の重心にあたるポイントの4つのポイントに同じ神様を祀り、封じ込めたい神様を4つめの神社に祀る。
こうする事によって封印したい神様を封じ込めていた。

 

結界線と気道線、結界点、結界の中心
ここで、説明の簡略化のために次の言葉の定義をしておく。

 

1:結界線 
神社を使った三角陣結界において、各神社を結ぶ線のことをこのように呼ぶ事にする。

 

2:気道線 
神社を使った三角陣結界において、気の流れを示す線のことを気道線と呼ぶ事にする。

 

3:結界点
神社を使った三角陣結界において、結界を構成する神社のことを結界点と呼ぶことにする。

 

4:結界の中心 
神社を使った三角陣結界において、気が集中する神社のことをこのように呼ぶ事にする。

 

封印結界における神様の祀り方
まず、3つの結界点を選び結界を構築する。
つぎに結界の中心に同じ神様を祀るお社を立てる。
そして、封じ込めたい神様を結界の中心に祀る。

 

次回は、直角三角形を使った神社三角陣結界の作り方について説明しよう。

 

ここまで、説明がロジカルですまないかとは思う。
しかし、マジカルにもロジカルな仕組みがあるもの。
マジカルマジカルは、その実ロジカルロジカルなのである。
ご容赦願いたい。

 

つづく

神示解読用資料