解かれたニギハヤヒの封印 16

大歳御祖神社の秘密
この絵馬は、大歳御祖神社に施された封印の仕組みに関わるもの。表には、五七五七七の和歌2首。何やら怪しげな詩がしたためられている。
-------------------------------
気の流れ
留める仕掛け 施して
姫に秘めたる
無限の力

 

解き放つ
時を待ちたる 大神が
目覚めし時が
今此処に来る
-------------------------------
裏面には、三角陣結界の三つの『いやしろち』から流れ出る気を止める仕組みに付いて説明している。

 

二首の和歌
二首の和歌の意味するところは、「魔法陣により何者かを封じ込め、時が滿までそのエネルギーを温存しておいた。今、その無限の力を解き放つ時が来た」と言ったところか。

 

『祟られ屋シリーズ第12話 オイラーの森』
Web小説『祟られ屋シリーズ第12話 オイラーの森』の説明によると、「三角陣においては、エネルギーの流れはオイラー線に沿って流れる。つまり、外心から重心へ、そして垂心へと向かって流れるという事だ」とある。直角三角形の場合は、垂心が直角をなす辺の頂点にあたり、外心はその相対する辺の中心点になる。このエネルギーの流れの途中になんらかの仕掛けを施すと、左の図の様にエネルギーの流れは滞る。どうやら、大歳御祖神社において『エネルギーの流れ』言い換えると『気脈の流れ』を留めるためのなんらかの仕掛けが施されているらしい。

 

次回は、最後の絵馬を紹介する。

 

参考図書

 

 消された覇王

 -伝承が語るスサノオとニギハヤヒ
 小椋一葉 
 河出出版

 

 

 アーリオーン・メッセージ

 -来たるべき地球大変動の真相
 アートラインプロジェクト 著
 徳間書店

 

 

 神々が明かす日本古代史の秘密

 -抹殺された国津神と封印された
 日本建国の謎を解く!
 中矢 伸一 著 日本文芸社

 

 

つづく

 

神示解読用資料