解かれたニギハヤヒの封印 11

結界の仕組み
今一度、結界と封印の仕組み、封印の仕掛けについて整理しておく。

 

1:結界の仕組み
三角陣神社結界では、三角系の頂点に当たる三つのポイントに同じ性質の神様を祀る。

 

2:封印の仕組み
封印点である結界の中心に、三つのポイントに祀る神様と同じ性質を持つ神様を祀る。

 

3:封印の仕掛け
大地の気の流れを止めるため、オイラー線上にある神社に、三つのポイントに祀る神様と同じ神様を祀り、別の神様の名前で本来祀られている神様を隠す。

 

注:封印の仕組みと封印の仕掛けの神様は同じであるとは限らない。

 

三角陣結界を見つける。
1:地図を用意する
まず、貴方の住む街の地図を用意する。神社のあるポイントに印を付け、サインペンなどで色分けする。Photosyopなどのお絵かきソフトが使えるならば、参考図の様に各神社を色分けして見ると良い。また、神社の御祭神についてはネットで調べても良いが、図書館に赴き『○○市神社名鑑』などの書籍にあたっておくと良い。ネットの情報には、『嘘』や意図的な『間違い』が混入していることがあるので、くれぐれも騙されないように。

 

2:地図上に色分けされた神社の配置から、三四五の結界となりそうな配置を探し出す。

 

3:パターンを見つけることが出来たら、それぞれのポイントを線で結んでみる。

 

現地調査
三四五の結界を見つけることができたなら、実際に神社に赴いて現地調査をすると良い。机上の調査ではわからなかった事柄などが見えてくることが多々ある。フィールドワークは大事。くれぐれも神職に余計なことを喋らないこと。隠密行動あるのみ。

 

痛絵馬を描く
封印の仕掛けを施している神社を特定することができたのならば、絵馬を描いて神様に奉納することをお勧めする。絵馬掛け所が無いような小さな神社であれば、賽銭箱に絵馬を奉納するという方法もある。オリジナルの絵馬を描きたければ、御朱印のない無垢な絵馬をネットで入手できる。

 

では、皆の検討を祈る。

 

では、次回からはこの街に施された五重の結界に付いて順次見てゆくことにする。

 

 つづく

神示解読用資料