全人類同時異世界転移 

2019年6月10日以降、預言書「日月神示」は75年の時を超えて現在と繋がりました。天(あま)の岩戸開きと地(とち)の岩戸開き、4つが開かれたことで過去と現在がリンクしたのです。

 

『解読 日月神示』では、現在に活きる魔道書「日月神示」を解読し、来るべき「ミロクの世」について解明してゆきます。

 

「ミロクの世」とは、現実世界のすべての人々が転移する異世界なのです。そこは、2次元から5次元低層部までもが次元融合する半霊半物質の世界です。これは、ノンフィクションの全人類同時異世界転移の物語なのです。

 

しかしながら、「ミロクの世」に移行する前には最後の難関が待ち受けています。神々と人類の双方の存亡を懸けた戦いが待ち受けているのです。これを、ラグナロック(神々の黄昏・神々と人類の最終戦争)と呼びます。

 

この連載『解読 日月神示』は、ラグナロックに参加する勇者の為の行動指南書でもあるのです。

 

敵の大将は古龍ヨルムンガルド、幽界を統べる悪神です。この古龍に挑む勇者、ドラゴンスレイヤーを募集しています。募集要項は、『アリオンの暗号』として、別途掲載致します。

 

古龍ヨルムンガルドに挑むドラゴンスレイヤーには剣も魔法も必要ありません。求められる資質は、「愛」と「智慧」、そしてちょっとした「勇気」なのです。

 

神示の伝えるメッセージは、現在の天明さんと御神事に関わる地上、幽界、神界のすべての方々に対するメッセージとなっております。最後の天明としての御役目は責任重大です。無事御役目を全うされることをお祈り申し上げます。

 

注:「天明」とは、日月神示系の神示(ふで)を降ろす役割の人のことです。現在は「世界は変わるブログ」の管理人様がその重責を担っていらっしゃいます。「世界は変わるブログ」は、解読文の中では神示ブログとします。

 

神示は下記の書籍の翻訳文を転載させていただいております。

 

[完訳]日月神示
岡本天明著
中谷伸一校訂
ヒカルランド

 

 

解読『日月神示』記事一覧

☆旧暦の九月八日☆日月神示には、旧暦の九月八日が重要な日として頻繁に出てきます。諸々の情報から、この日が世界変革の日(ミロクの世への移行日)であると推測されてきました。ミロクの世は、二次元から五次元下層部までが融合することによる次元融合により、半霊半物質の世界となる様です。2019年の旧暦の九月八日は2019年10月6日にあたります。この日が次元融合の規定日であると考えられます。ここでは、旧暦の九...

上つ巻 第一帖(一) 富士は晴れたり、日本晴れ。かみ)の国のまことのの力をあわす代(よ)となれる、仏もキリストも何も彼(か)もはっきり助けて、しち難しい御苦労のない代が来るから、身魂(みたま)を不断に磨いて一筋の誠を通してくれよ。 いま一苦労あるが、この苦労は身魂をみがいておらぬと越せぬ、この世始まって二度とない苦労である。このむすびはの力でないと何も出来ん、人間の算盤(そろばん)でははじけんこと...

下つ巻 第一帖(四三) 富士は晴れたり日本晴れ。青垣山(あおがきやま)めぐれる下(した)つ岩根(いわね)に祀りくれた、御苦労ぞ、いよいよも嬉しいぞ。鳥居は要らぬぞ、鳥居とは水のことぞ、海の水ある、それが鳥居ぞ。皆の者御苦労ぞ。邪(じゃ)ヶ岳(たけ)は昔からが隠しておりた大切の山ざから、人の登らぬようにして、竜神となりて護(まも)りてくれた神々様にも御礼申すぞ。 富士は晴れたり日本晴れ。いよいよ次の...

富士の巻 第一帖(八一) 道はいくらもあるなれど、どの道通っても良いと申すのは、悪のやり方ぞ、の道は一つぞ、始めからの世の道、変わらぬ道があれば良いと申しているが、どんなことしても我(われ)さえ立てばよいように申しているが、それが悪の深き腹の一厘ぞ。の道は始めの道、の成れる道、の中の なる初め、 は光の 、は世の道、この事気のつく臣民ないなれど、一が二わかる奥の道、身魂掃除すればこのことわ...

天つ巻 第一帖(一〇八) 富士は晴れたり日本晴れ、富士に御社(みやしろ)してこの世治めるぞ。五大州ひっくり返りているのがには何より気に入らんぞ。一の大神様祀れ、二の大神様祀れよ、三の大神様祀れよ、天の御三体(ごさんたい)の大神様、地(ち)の御三体の大神様祀れよ、天から(かみがみ)様御降(おんくだ)りなされるぞ、地から御神々様お昇りなされるぞ、天の御神、地(つち)の御神、手を取りて嬉し嬉しの御歌(お...

地つ巻 第一帖(一三八) 書き知らすぞ。世界は一つのミコトとなるのぞ、それぞれの言の葉はあれど、ミコトは一つとなるのであるぞ。てんし様のミコトに従うのざぞ、ミコトの世近づいて来たぞ。九月十五日、一二。解読地つ巻 第二帖(一三九) 今は闇の世であるから夜の明けた申しても、誰にもわからんなれど、夜が明けたらなるほどそうでありたかとビックリするなれど、それでは間に合わんのざぞ、それまでに心改めておいて下...

上つ巻 第二十八帖(二八) 世界中丸めての一つの王で治めるのぞ。それがの世のやり方ぞ、百姓は百姓、鍛冶(かじ)は鍛冶と、今度は永遠に定まるのぞ、身魂の因縁によりて今度はハッキリと決まって動かんの世とするのぞ、茄子の種には瓜はならんぞ、茄子の蔓に瓜をならすのは悪の仕組、今の世は皆それでないか。これで世が治まったらはこの世に無いものざ。と悪との力較べぞ。今度は悪の王もの力にはどうしても叶わんと心から申...

神示解読用資料