ななのアトリエ

古典絵画の研究

日月神示の五度の岩戸開きに関する御神事を行うにあたって、長期間の経年変化に耐えうる油彩画の開発が必要となりました。

 

そのための研究の一環として、古典技法に基づく油彩画の技法研究を2015年から始めました。支持体の研究から始まり、琥珀を用いた独自のメディウムの開発に至りました。

 

ここでは、油彩画の古典技法を学ぶ上で必要不可欠なレプリカ(模写作品)の紹介をするとともに、オリジナル作品の紹介をしています。

絵画と暗喩

絵画作品を御神示に用いる場合、そこに込める暗喩が大きな意味を持ちます。

 

絵画においては、イコノグラフィー(図像学)的手法を用いて各種の暗号を絵の中に落とし込みます。

 

ここでは、日本的な手法を用いてさらに多重の暗喩を込める試みをしています。

 

作品制作の前段階として五七調の和歌や俳句を作り、そこにに多重の意味を落とし込むのです。

 

こうした五七調の歌を元に絵画作品を制作しています。

 

このようにして描く油彩画をここでは寿絵(ことえ)と読んでいます。

 

寿絵は、呪を解くために描かれた御神事専用の油彩画作品なのです。

 

俳句を元に描かれた油彩画作品を俳句寿絵(はいくことえ)、和歌を元に描かれた油彩画作品を和歌寿絵(わかことえ)と呼んでいます。

七宮詠時のプロフィール

寿絵師(ことえし) 
七宮詠時(ひくちえいじ)
建築画家(レンダラー)

 

2012年
とある地方都市において、古の神々の封印結界の解除作業を行いました。
艮金神と坤金神の封印に関わる御神事です。

 

2015年
画塾にて御神事に用いるための油彩画の研究を始めました。
ヤン・ファン・エイクの幻のメディウを追い求めたのです。

 

2016年
現代の図像学的絵画、寿絵(ときえ)の制作を始めました。

 

寿絵(ことえ)には、いずれも暗喩や隠喩を使った暗号が隠されているのです。

 

和歌(ヲシテ文字)をもとにした寿絵を和歌寿絵(わかことえ)と呼びます。

 

俳句(現代文)をもとにした寿絵を俳句寿絵(はいくことえ)と呼びます。

 

物語をもとにした寿絵を語り寿絵(かたりことえ)と呼びます。

 

寿絵には、呪(しゅ)を解くための暗号が隠されているのです。

古典技法による油彩画制作

月白美術研究所では、古典技法を用いた油彩画の作品制作を行っています。

 

油彩画の技法は、15世紀フランドルのヤン・ファン・アイクの時代に確立されました。

 

西洋絵画の技術を発展せしめたのは、14世紀のベネルクスに大挙して渡航した、南朝系の皇統奉仕衆によるものと推測されます。

 

すでに日本で確立されていた蒔絵の技術を元に、漆に変わるものとして使われたのが、ストラスブルク・ターペンタインだったのです。

 

当初から完成された形で油彩画の技術が現れた背景には、このような事情があったのです。

 

しかし、油彩画の技術はアルプスを越え、イタリアに渡ると技術的な劣化が始まります。

 

19世紀の印象派の時代に至ると、絵の具の展色材から樹脂が外されてしまいます。

 

こうした絵の具を使って描かれた作品は、40年ほどで劣化が始まります。

 

ヤン・ファン・アイクの時代の油彩画が今でも経年劣化に耐えて存在しているのは、樹脂の存在が大きいのです。

 

このサイトでは、古典技法に基づく支持体のつくり方やメディウムの調合の仕方なども紹介してゆきます。

 

ミロクの世に至れば、人の寿命は大幅ににびます。40年で劣化してしまう油彩画では心もとないですね。

 

顔料インクの民生用のプリンタでも、60年の経年変化に耐えられる印刷を可能にしているのです。

 

これからの時代、画家を目指そうとする者は、古典技法に注目するとよいかと思います。

ななのアトリエ記事一覧

古典技法による油彩画作品ここでは、寿絵師七宮詠時(ひくち えいじ)の油彩画作品を紹介しています。古典技法の研究に基づくオリジナルの支持体やメディウムを使って描いています。『雨上がりの朝』神社結界シリーズ - 八千矛神社 鳳凰と戦神 - 和歌寿絵 2016年 油彩 板にジェッソ SM(158x227mm)第6回サムホール展静岡 市民賞受賞作品八千矛神社この作品は神社結界シリーズ最初の作品。静岡浅間神...

古典から学ぶ油彩画の技法を学ぶにあたって、古典絵画や現在作家の作品の模写をよくしています。レプリカの制作は、新しく開発したオリジナルの支持体やメディウムを試すのにもお手軽な手段です。フェルメール『牛乳を注ぐ女』フェルメール『牛乳を注ぐ女』フェルメールの『牛乳を注ぐ女』の模写。F8号のキャンバスに油彩で描いています。オリジナル 1658〜59年 油彩 カンヴァス 460mmx410mm アムステルダ...

ここでは、寿絵師七宮詠時(ひくち えいじ)の個展や作品を出品した展覧会のご案内をしています。展覧会終了後のご報告もまとめてあります。第1回 七宮詠時油彩画展期間 2,017年8月5日(土)6日(日)    10:00〜17:00会場 プレジャーグループ    株式会社 FUDOUSAN    ショールーム 〒422-8062  静岡市駿河区稲川1-8-3  リエス稲川1F TEL 054-260-...

神示解読用資料