哲学

圧倒的な価値を創る技術
[ ゲシュタルトメーカー]

苫米地 英人 著
ヒカルランド

 

 

 

 

内容紹介
不安と不確実性あふれる世の中で、どうやって生きていくか、というサバイバル本が巷に溢れている。しかし、不安を煽り、人を恐怖に導くというのは、人を支配するための方法といってもいい。「これからのビジネス環境はますます厳しくなる」「グローバル就職の時代が始まった」というような言説がまことしやかに囁かれる。だが、本当にそうなのだろうか? ドクター苫米地の結論は「怖いものなんて何もない」である。リーマンショックや東日本大震災で痛い目にあってきたいまの三十代前後の読者に本当の処方箋を与えよう。
それが、[ゲシュタルトメーカー]という生き方だ。世の中の恐怖洗脳から離れて、奴隷の人生におさらばしよう。

 

思想

神々の沈黙
―意識の誕生と文明の興亡―
ジュリアン ジェインズ 著
柴田 祐之 訳
紀伊国屋書店

 

 

 

 

内容紹介:「BOOK」データベースより
 3000年前まで人類は「意識」を持っていなかった!古代文明は、意識を持つ前の「二分心」の持ち主の創造物。豊富な文献と古代遺跡の分析から、意識の誕生をめぐる壮大な仮説を提唱。

 

ガイアの法則[I]
日本中枢[135度文明]への超転換
千賀 一生 著
ヒカルランド

 

 

 

 

内容紹介
ロスチャイルド、アングロサクソン、フリーメーソンの歴史がついに終わった!大いなるサイクル《宇宙スピンの原理》で決められた新たな宇宙文明の拠点は日本!東経135度ライン上に起こった1995年の阪神・淡路大震災こそ、1611年周期の文明起点大移動の象徴だった!「日月神示・大本・王仁三郎」と135度文明の超シンクロニシティも明らかになる――中矢伸一氏の解説・対談等も新たに収録した徳間書店刊の拡大版ニューバージョン!!

 

ガイアの法則[II]
中枢日本人は[アメノウズメ]の体現者となる
千賀 一生 著
ヒカルランド

 

 

 

内容紹介
東北地震を1年前に予測した著者による超未来ビジョン!シュメール最高神官が日本人に伝えた宇宙的天命実現へのプロセス「日本列島は地球の起点。 日本人は地球の手足となって、地球の核意識につながるのだ」――東北地震は、人類の女神性の発動だった!その女神性の直接的顕現を担うものこそ、わたしたち日本人なのだ!あなたを《宇宙共鳴次元》へと導く大いなる《あけわたし》地球人類を宇宙中枢へとつなぎかえる秘法がここに明らかとなる!!

 

洗脳論語
苫米地英人 著
ヒカルランド

 

 

 

 

 

内容紹介
論語は古代中国の思想家で、儒教の教祖でもある孔子やその弟子達の言葉を、孔子の死後に彼の流れをくむ人達がまとめたものです。
この論語は日本ではとても親しまれ、学生時代から、社会人になっても孔子のことばを取り上げ、説明するという場面は誰でも経験していることでしょう。

 

しかし、論語の真の意味を知るとまた違った世界が見えてきます。
孔子の論語は実は差別思想そのものです。一見して受け入れやすくなっている文章も、良くみてみると、スコトーマ(心理的盲目状態)を使った洗脳や、読んだものが文章の手法により受け入れやすくしていることなどがわかります。

 

これらの手法を用いて、確信犯的に差別思想を盛り込んだものが、論語なのです。

 

本書はそれらをわかりやすく解説していきます。論語を全て読んだことが無い人でも、これが論語の一節だったのかと思う内容ばかり。それらの本当の姿を解き明かしていきましょう。

 

*****
この書籍は2011年12月に株式会社三才ブックスから出版された「洗脳論語」を再編集、電子書籍化したものです。

宗教学

仏陀からキリストへ
(神秘学叢書)
ルドルフ・シュタイナー 著
西川 隆範 編訳
水声社

 

 

 

内容紹介
2人のイエス:ゾロアスターの霊統のソロモン系のイエスと仏陀の霊統のナータン系のイエスがいた。マタイ福音書に記されたイエスの系図と、ルカ福音書に記されたイエスの系図は別のもの。2人のイエスが12才になったとき、2人のイエスは1人になった。ゾロアスターの霊統のソロモン系のイエスの自我が仏陀の霊統のナータン系のイエスの中に入り、ソロモン系のイエスの肉体は捨てられた。仏陀の霊統のナータン系のイエスはアダムの魂の再来であり、このイエスを仏陀が霊的に包んでいた。二人のイエスの自我は、ヨルダン川で洗礼者ヨハネの洗礼を受けるまで生き続けた。30才で洗礼を受けたイエスの肉体からゾロアスターの自我去り、キリスト(太陽霊)がイエスの中に入った。仏陀の応身は入滅の後、ナータン系のイエスに入り育てることになった。仏陀の任務は、人類に愛と慈悲の教えをもたらすことであった。

 

キリストは
日本で死んでいる
山根 キク 著
たま出版

 

 

 

 

内容紹介
『竹内文献』の投げかける謎は大きく、それは歴史の記録の範囲をこえ、はるかなる時空を流れる神々の意識と人間の問題にまで及んでいる。ここから出発した本書は痛快無類の聖書物語であり、人類がいかに生くべきかを追求した書でもある。

 

小型聖書 - 新共同訳
共同訳聖書実行委員会 著 翻訳
日本聖書協会 著

 

 

 

 

 

内容紹介
『聖書 新共同訳』の、旧約聖書と新約聖書の66巻が収められています。18年の歳月をかけて翻訳された本文は、カトリック教会とプロテスタント諸教会の祈りと、70人余りの聖書学者の英知の結集です。わかりやすい日本語であることはもちろん、典礼、礼拝に用いられるのにふさわしい、力強く格調高い訳文です。丈夫な、糸かがりのビニールクロス装。小型A6判のNI44は、現在日本で最も多く頒布されている聖書です。

瞑想・秘儀・秘教

神秘家の道
―珠玉の質疑応答録
OSHO 著
スワミ・パリトーショ 翻訳
市民出版社

 

 

 

内容紹介
珠玉の質疑応答録
神秘家の道
―道は多く、旅する者は少ない―
■CONTENTS
■ハートから旅を始めなさい
■妥協した瞬間、真理は死ぬ
■二つの夢の間に ■彼方なるものへの憧れ
■惨めさとは選択にすぎない
■真理を盗むこと ■感謝の涙
■トラもまたゲストだ
■死はあなたへの評価だ ■政治は病だ
■私はあなたのハートを変容するために話している 他

 

新瞑想法入門
和尚の瞑想法集大成
OSHO 著
瞑想社

 

 

 

 

内容紹介
禅、密教、ヨーガ、タントラ、スーフィ等の古来の瞑想法から、現代人のための和尚独自の瞑想法まで、わかりやすく解説。技法の他にも瞑想の本質や原理が語られ、探求者からの質問にも的確な道を指し示す。真理を求める人々必携の書。瞑想の実践的ガイド。

 

メッセンジャー
キリアコス・C・マルキデス 著
鈴木真佐子 訳
太陽出版

 

 

 

 

内容紹介
『ストロヴォロスの賢者』と呼ばれるダスカロスから、米・メイン大学のマルキデス博士が、賢者の深遠な教義や神秘に満ちた大宇宙論を引き出し、読む者を覚醒の境地にいざなう。
本書では、著者と賢者の出会いから、賢者との対話や奇跡的なヒーリングの実例を通して真理を探究していく過程が綿密かつ明瞭に記録されている。

 

第1章 ストロヴォロスの賢者
第2章 ナチスの悪霊払い
第3章 エレメンタル
第4章 経験の信頼性
第5章 カルマ
第6章 思い出
第7章 死と輪廻
第8章 ロゴスとの出合い
第9章 コズモロジー
第10章 惑星・地球を守る者たち
第11章 取り憑いた霊
第12章 ヒーリング
第13章 物質化と非物質化
第14章 振り返って

 

出版社からのコメント
「ストロヴォロスの賢者」と呼ばれるダスカロスから、米・メイン大学教授のマルキデス博士が、賢者の深遠な教義や神秘に満ちた大宇宙論を引き出し、読む者を覚醒の境地へといざなう。本書では、著者と賢者との出会いから、賢者との対話や奇跡的なヒーリングの実例を通して真理を探究していく過程が綿密かつ明瞭に記録されている。

 

―主な内容―
ロゴスとの出合い/経験の信頼性/カルマ/死と輪廻のサイクル/悪魔と天使/
聖書の真実/物質化と非物質化/コズモロジー/幽体離脱/奇跡のヒーリング/惑星・地球を守る者たち/
エレメンタル/ETとの遭遇/神

 

光界への門
パナヨッタ・セオトキ-アテシュリ 著
須々木光誦 訳
エドコム株式会社

 

 

 

 

内容紹介
キリストの秘儀的な教えである内的真理を探求、実践するためのエクササイズと瞑想をテーマ別に編纂した稀有な指導書。

 

著者について
著者パナヨッタ・セオトキ-アテシュリ女史は、「20世紀において最も偉大な霊性の教師」と呼ばれた、ダスカロスこと、スティリアノス・アテシュリス博士の長女として、父のサークル活動やヒーリングや瞑想を手助けしてきました。その使命感と真摯な姿勢とが理解されて、ダスカロスの死後、父の遺した資料、著作権などすべてがパナヨッタへ引継がれた。世界の真理の探求者へ、セミナーや著作を通して、貴重な教えの普及に努めている。

 

エソテリック・ティーチング
―キリストの内なる智恵 秘儀的な教え
ダスカロス 著 真理子 ランバート 監修
ハラランボス ランバート 監修
須々木光誦 訳
ナチュラルスピリッツ

 

 

内容紹介
偉大なヒーラー『ダスカロ』による、あらゆる真理の探究者のための指導書。キリストによる秘儀的な教え(エソテリック・ティーチング)の伝承に基づいています。

 

本書はタイトルが示すとおり「キリストの内なる智恵」を説いたものであり、あらゆる真理の探究者のガイドブックとして、真理への「道」を明確に示します。

 

私たちが真理の探究を進め、絶対存在の神聖なる計画に対して意識をさらに目覚めさせていくには、正しい方向性を持った観察、エクササイズ、瞑想が必要です。

 

ダスカロスはキプロスに生まれ、生涯を通じて無償で多くの人々を癒し、導き、無条件の愛を示し続けたヒーラーです。1995年8月26日に83年の生涯を終えましたが、霊的な真理の教師として、彼が遺した教えとその存在は、今も世界中で真理を学ぶ人々の道を照らし続けています。

 

私たちは生まれて以来、自分自身の内側にあるものを探求することがあまりなく、自分の外側にあるものを「自然」と理解して、その中で自分の存在をとらえています。言い換えれば、自分の内側には「自然なるもの」がないと考えているようです。そして、自分の外側にある自然の中に、神や真理や真実を求めて、自分の中には、善を求めようとしているのではないでしょうか。

 

しかし、ダスカロスの内なる教えは、私たち自身の内側にも、実は神や真理や絶対的真実が存在している、と伝えています。それに気づけば、宇宙における自分の位置づけが理解でき、人生の真の目的、自分の肉体を含めた物質の真の意味が分かります。そして、価値観にシフトが起き、生き方そのものが変わり、人間に求められている真の成長プロセスに入っていけるのです。

 

実践を重ね、私たちが絶対無限の存在と、その神聖なる計画について理解できるようになると、どれほど絶対無限の存在が私たちを愛しているか、また、私たちの自由意志を尊重しているかがわかるでしょう。そして私たちは恐怖から解放され、真の安心と信頼の中で生きられるようになっていくのです。

 

◎本書はキリストの教えの【テキスト】として、【実践編】としては、姉妹書の『エソテリック・プラクティス』をお読みください。

 

目次

 

1 絶対存在
2 キリスト・ロゴス
3 聖霊
4 人間
5 大天使の階級
6 マインドとエーテル・バイタリティ
7 天地創造
8 空間・場所・時間
9 世界
10 光とスーパーライト
11 人体の組織
12 エーテル・ダブル
13 3つの体
14 一時的パーソナリティと永遠のパーソナリティの関係
15 エレメンタル
16 潜在意識
17 原因と結果の法則
18 内観―内在するものを観る

 

エソテリック・プラクティス
―キリストが遺した瞑想法とエクササイズ
ダスカロス 著
真理子 ランバート 監修
ハラランボス ランバート 監修
須々木光誦 訳
ナチュラルスピリッツ

 

 

内容紹介
キリストが12使徒と70人の弟子だけに与えた秘儀!霊的真理とその独習法をまとめた稀有な一冊。2000年の時を経て、ダスカロスによって明かされる!

 

ダスカロスの教えの多くは、キリストの12使徒の一人であり、新約聖書の福音書の著者であるヨハネから与えられたものであり、その教えはまさにキリストの教えと言っても過言ではありません。

 

ダスカロスは「神人」であったキリストの生涯・目的・教えを正しく理解することにより、その真理を説き、生涯一個人として兄弟姉妹である私たちと分かち合うために活動し、求める者には常に無償で提供することを貫きました。

 

本書は、キリストの最も基本的な教えを著したもので、「理論編」とエクササイズと瞑想を紹介した「実践編」との2部構成になっており、導入書としての役割を果たしています。

 

目次

 

PART I 理論編
霊的知識 ― キリストの教えと内なる智恵

 

主の祈り
エクササイズと瞑想について―ダスカロスに聞くT
7つの約束
エソテリック・ティーチング―キリストの教えによる真理の道
1 絶対存在
2 基本元素の大天使
3 聖なる存在としての人間
4 個別化された自己性
よくある質問―ダスカロスに聞くU

 

PARTII 実践編
プラクティス―エクササイズと瞑想

 

○パターンド・ブリージングについて
パターンド・ブリージング

 

○観察・集中・視覚化
描写力と視覚化
レモン
バラの花

田園風景
集中と観察

 

○エーテル・ダブル
エーテル・バイタリティーについて
エーテルについて
エーテルのエネルギー・センターについて
指による集中力
感覚エーテルと運動エーテル
肉体の活性化

 

○エーテルの手と腕
エーテルの腕の開発
エーテルの手とカラーボール
ろうそくの炎

 

○光のボールを使ったヒーリング
光のボールとヒーリングの手
ヒーリングのための、光のボールのつくり方
セルフ・ヒーリングのための光のボール

 

○3つの体の浄化と保護
光の殻
健康
健康と潜在意識

 

○内省と共通の自己性
日々の内省
敵を愛する学び
敵を愛すること
3つの太陽
平和の創造
共に平和を祈る

 

○実現性と蓋然性の循環
アーモンドの木
バラの木
あなたの手の業すべてを

 

○彼はいなくなっていたのに見つかった―放蕩息子のたとえ
あなたは、はじめから私と共にいた
私が父の内におり、あなたがたが私の内におり、私もあなたがたの内にいる
私は世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる

 

○ジョシュアによるエッセネ派の祈り

神示解読用資料