日月神示解読のための書籍

『日月神示』における最大の難問『神一輪の仕組み』の解明に挑む管理人が、謎解きのために使用している関連書籍を紹介しています。

 

『日月神示』に隠された暗号の解読に当たり、最初に用意したのが『日月神示』を正確に訳したとされる完訳版です。

 

 

 [完訳]日月神示
 岡本天明 著
 中谷伸一 校訂
 ヒカルランド

 

 

次に用意したのが、日月神示に関する預言を暗号にして伝えている『アーリオーン・メッセージ』です。

 

『アーリオーン・メッセージ

-来たるべき地球大変動の真相 』
アートラインプロジェクト 著
徳間書店

 

 

また、日本の神々は謎解きのためのヒントや御神示に関係するものに対する励ましの言葉などを、アニメなどのサブカのコンテンツの中に潜ませて伝えてきていました。

 

ののの書棚記事一覧

裏側から見た絵画の世界―その構造と実態高橋 亮馬 著矢切書房内容紹介俵屋工房の店主が10代〜20代前半に綴った著書。今、ヨーロッパ画壇では絵画技法の荒廃に危機を感じフランドルの絵画を見直せ!という運動が起きている。その理由を明快に説いた衝撃の問題作。油彩画の技術―増補・アクリル画とビニル画グザヴィエ・ド・ラングレ 著黒江 光彦 翻訳美術出版社色彩の芸術―色彩の主観的経験と客観的原理ヨハネス・イッ...

圧倒的な価値を創る技術[ ゲシュタルトメーカー] 苫米地 英人 著ヒカルランド内容紹介不安と不確実性あふれる世の中で、どうやって生きていくか、というサバイバル本が巷に溢れている。しかし、不安を煽り、人を恐怖に導くというのは、人を支配するための方法といってもいい。「これからのビジネス環境はますます厳しくなる」「グローバル就職の時代が始まった」というような言説がまことしやかに囁かれる。だが、本当にそう...

定本〔ホツマツタエ〕―日本書紀・古事記との対比池田 満 編者松本 善之助 監修展望社著者からのコメント日本の歴史の再研究に必携の書籍です1.写本のすべての校合の結果を上注に記しました。2.古事記・日本書紀との対比をすませ、三段組みに編集しました。3.この書籍一冊でホツマツタエのすべて、つまり、日本の新歴史の基礎を携えることができます。記紀原書 ヲシテ 上巻―『ホツマツタヱ』『ミカサフミ』『フトマニ...

言霊百神〔新装版〕古事記解義 小笠原 孝次 著七沢 賢治 監修株式会社 七沢研究所内容:「BOOK」データベースより初めて古事記の謎を解明。伝説の名著、45年間の封印を解く!三千年来人類に封印されていた、人類の精神の基本原理、種智を開顕して科学文明に生命あらしめて、第三文明時代を実現する指導書。重要『いつきの道』から『とつぎの道』へ。宇宙の理法である神に対する人間の三つの態度『いつきの道』心身の汚...

[完訳]日月神示岡本 天明 著 中谷 伸一 校訂ヒカルランド内容紹介『完訳 日月神示』ついに刊行なる!読者待望の一冊、全国民必携!!これまで中矢伸一氏の日本弥栄の会でしか入手できなかった『完訳 日月神示』がヒカルランドから刊行されることになりました。「この世のやり方わからなくなったら、この神示を読ましてくれと言うて、この知らせを取り合うから、その時になりて慌てん様にしてくれよ」(上つ巻 第9帖)と...

とある魔術の禁書目録 文庫 全22巻 完結セット電撃文庫文庫鎌池 和馬 著 灰村 キヨタカ イラスト内容説明自分の部屋に、純白のシスターがいきなり空から降ってきた。「ありえねえ…」上条当麻はつぶやくが、そのシスター姿の少女はこう言った。自分は魔術の世界から逃げてきた―と。ここは“超能力”が“一般科学”として認知された、アンチ・オカルトの学園都市。上条は『インデックス』と名乗る謎の少女の言動をいぶか...

日本古典文学大系 71三教指帰/性霊集 空海 著岩波書店1965/11新釈漢文大系 64文心雕龍 上 戸田 浩暁 著明治書院1974/11/1逝きし世の面影渡辺 京二 著平凡社2005/9/5内容紹介「私にとって重要なのは在りし日のこの国の文明が、人間の生存をできうる限り気持のよいものにしようとする合意とそれにもとづく工夫によって成り立っていたという事実だ」近代に物された、異邦人によるあまたの文...

神示解読用資料